女性にとりまして大きな悩みであるシミの正体

テレビCMや雑誌などで紹介されている美容対策というのは、全ての人に有効的というワケでは決してありません。
人それぞれ美容の個人差がありますので、あなたの体質に合った美容対策をする必要があるのです。 シミが出来てしまう一番の原因としましては、やはり紫外線が挙げられます。
表皮と真皮の間にあるメラノサイトと呼ばれている細抱が真皮の中に紫外線が入り込むことの無いようにメラニン色素を作るのです。
女性にとりまして大きな悩みであるシミの正体というのはシミ自体がどのように出来てしまうかを理解するとよくわかります。
まず最初はシミがどんな状況で出来てしまうのかを勉強をしておく必要があるのです。

 

メラニン色素の色がシミとなりますので色素の色が表皮を通して透けることから、浅黒なシミのように見えるのです。
しかし化粧品業界におきましては悪者扱いされているメラニン色素は、お肌の老化防止の役割も持っているのです。



女性にとりまして大きな悩みであるシミの正体ブログ:19-12-11

コンチワ^^

減量中は、
おやつは控えた方が良い!
というのは、わかっているんですが、
なかなか我慢できませんよねぇ〜?

で、私は考えてみました…

「おやつを食べたーい!」という人の頭の中は
「おやつ」→「美味しい」→「幸せ」
というイメージの連鎖ができていますよね。

だから、腹が空いていなくても、
おやつのパッケージを見たり、イメージするだけで、
甘い味や匂いや食感を思い出して
食べたくなってしまい、ついつい手が出てしまうのです。

実際、
おやつを食べている時には
確かに美味しくて、
一時的に幸せな気分になるかもしれません。

しかし実際には、
食べ終わった後から、後悔と罪悪感が始まりませんか?

そうやって食べられた食物は、
ストレスとなってエネルギーとして発散されにくく、
その結果、脂肪になりやすくなるみたいですよ!

これって全然幸せなことじゃないですよね?

つまり
「おやつ」→「美味しい」→「幸せ」
ではなく
「おやつ」→「罪悪感」→「脂肪」→「不幸」
なのです!

だから、
おやつのパッケージを見ながら、
食べてしまって後悔したことを思い出し、
そのイメージが常に思い出されるようになるまで、
何度も反復してイメージすれば良いと思うんです。

太っている自分の腹を写真に撮るなんていうのも、
効果的かも…

何度も何度もおやつのパッケージを見たあとで、
後悔した思いや太った写真を見て、
「おやつ」→「不幸」
というイメージを徹底的に焼きつけるのです。

そうすれば、
おやつのパッケージを見ても、美味しそうな匂いを嗅いでも、
「もうあんな思いするのは嫌だ!」と思って
手が出なくなるんじゃないでしょうか?